山形市内にも温泉旅館があります。自家源泉のこちらの旅館がおすすめです。

友人と山形に旅行をしようと計画していて、どこの温泉地に泊まろうかと探していました。すると山形市内にも温泉旅館があるではありませんか。「黒沢温泉 悠湯の郷 ゆさ」という旅館を見つけてしまいました。昭和47年に開湯した温泉旅館で、自家源泉の温泉だということです。大浴場は屋根までガラスでできており、非常に眺望のよいお風呂です。こちらの旅館の5階には半露天のお風呂があり、雄大な蔵王連峰が見られます。私たちの旅行は4人というグループ旅行だったので、使ったお部屋は定員5名の和洋室です。和室のとなりにはリビングとベッドルームが一続きになっていて、とても広々としたお部屋でした。誰がベッドで寝るかじゃんけんで決めました。ほかにも8畳、10畳、12畳の和室、ツインルームなどがありましたよ。夕食はダイニングレストランでいただきました。山形が誇るブランド和牛「山形牛」のすき焼きをメインとしたお料理でした。温泉旅館と言えば卓球ですよね。こちらの旅館にも卓球はありますよ。しかも無料でできました。ラケットもボールも貸してくれます。レストランは土日祝日はランチ営業もやっていますし、温泉は毎日予約なしで日帰り温泉にも対応しています。山形市内ありながら、なかなか風情のある落ち着いた旅館でした。山形新幹線ならかみのやま温泉駅と山形駅の中間にあるので、どちらかの駅からタクシーを利用することになります。私たちは車で行きましたが、高速道路のインターにも近く便利な立地です。山形市内で温泉旅館をお探しなら、ここがいいですよ。

山形旅館ランキング

最新投稿